人工授精の前に試してみる価値のあるサプリ

最近は初婚年齢も上がり、それにともなって出産年齢も上がっています。
35歳以上の出産のことをいう高齢出産になる人が年々増えています。
高齢出産になると一般的に妊娠できる確率が減り、流産のリスクも上がってしまうと言われています。
その原因はいくつもありますが、一つは卵子、精子の状態が良くないということです。

どういうことかというと、卵子は老化、精子は運動率が低いということです。
どちらにも関係することは、卵子・精子にエネルギーを供給する器官が弱っているということです。
精子を老化と言わないのは一定のサイクルで新しく作られるからです。
対して卵子は女性が一生のうちに排卵できる数をすべて持って誕生します。
誕生してから新しく作られることはありません。
ですので年齢とともに老化していってしまいます。
どちらにもエネルギーを供給するのがミトコンドリアと言うものです。
卵子が老化するとその中にあるミトコンドリアも衰え、エネルギー供給が低下します。
栄養が来なくなるので卵子の活動も低下してしまいます。
ですので、人工授精に臨む前に卵子や精子の状態はどうかということをまず考えたほうがいいかもしれません。
数値がよくない状態で人工授精に臨んでも成功する確率は低くなります。
まずはこのミトコンドリアにエネルギーを供給できるイースタティッキミネラルという成分を摂って、
状態を万全にしてから挑戦するほうが成功率が上がる可能性が高いです。

卵子の状態をサプリで改善?/体外受精はその後に