皮膚構造から考えるヒアロディープパッチの効果とは!?

人間の皮膚の構造は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造に
なっています。
ヒアルロン酸は真皮内のコラーゲンやエラスチンの隙間に存在して
いるのです。

ヒアルロン酸は細胞の隙間でクッションのような役割を果たしており
真皮の中にあるヒアルロン酸が減少することで水分を保つことだ出来なく
なり乾燥してしまって結果的にしわやたるみになってしまうのです。
ヒアルロン酸やコラーゲンやエラスチンは真皮内部で線維芽細胞が
作り出してくれてはいるのですが、年齢とともに働きが衰えてしまい
減少してしまうのです。
人の表皮は約0.2ミリと言われており、ヒアロディープパッチの
針の長さは200マイクロメートルになります。
単位が違っていて少し分かりづらいですが、つまり0.2ミリになり
ます。
一般的なクリームなどに比べると表皮を突き抜け真皮に届くほどの長さ
になっていますね。
使用するときのおすすめとしては、化粧水などでお肌に潤いを与えた
後にヒアロディープパッチをはるのが効果的です。

ヒアロディープパッチで若々しく