紫外線とは?

紫外線とは、太陽から地球に届く光のなかで、波長が短くなおかつ、エネルギーが高いものです。

よくUVと略されますが、これは紫外線をあらわす英語「ultraviolet」のこと。

紫外線には3種類あります。

UV-A波、UV-B波、UV-C波です。

そのなかでもUV-AとUV-Bが地球に到達しているのです。

このうち、特に皮膚や目などに害を及ぼすのがUV-B波です。

肌が黒くなってしまったり、ひどい場合は皮膚がんになります。

UV-A波も、UV-B波よりは弱いものの、やはり皮膚に悪影響をおよぼします。

 

 

紫外線により肌が黒くなるという状態には2つにわかれます。

1つ目は、紫外線にさらされてすぐに肌が真っ赤になる状態で、サンバーンと呼ばれています。

この状態は皮膚が炎症を起こしており、やけどと同じ状態です。

2つ目は、サンバーンが治まってから数日経ってから、肌が黒くなる状態です。

これはサンタンと呼ばれます。

人により肌質は様々ですので、サンバーンを起こしてもサンタンの状態にならなかったり、逆にサンバーンが起きずにすぐにサンタンの状態になる人もいます。

どちらにしても、紫外線の浴びすぎが皮膚に悪影響を及ぼすことは間違いありません。

適切な紫外線対策を行って、肌を守りましょう。

 

飲む日焼け止めのおすすめランキングを目的別に比較する