愛犬に上手に留守番させるコツ

可愛い愛犬を家に残しても外出はとても心配ですね。

しかし犬と生活していれば、必ず留守番をさせなければならないこともあります。

 

今回は、愛犬に上手に留守番をさせるコツをお伝えします。

 

外出前のポイント

 

愛犬にお留守番をさせるときには、部屋は暑すぎたり寒すぎたりしないよう、とくに夏は熱中症にならないよう、エアコンをつけるなどして室温を調整しましょう。

また充分な量の新鮮な水も用意しましょう。

 

留守中の安全については必ず確認しましょう。

室内で放し飼いの場合は、愛犬が口にすると危険なものがないかチェックしましょうね。

 

飼い主さんが外出するのにベストなタイミングは、愛犬がおもちゃなどの遊びに夢中になっているときです。

声をかけたりすると、かえって愛犬に不安を与えてしまうことがあります。

 

外出前のお散歩や、遊んであげるとストレスの発散にもなり、留守中の愛犬の精神状態もよくなります。

監視カメラは必要?

 

長時間のお留守番だと、愛犬がどうしているのか飼い主さんにとってはとても気になりますよね。

 

そんなときは、カメラを設置して留守番中の愛犬の行動を確認するのがおすすめです。

安心にもつながりますし、いつもと違う愛犬のかわいい姿を見ることができますよ。

カメラに必要な機能は、外出先からもスマートフォンなどですぐに愛犬の様子が確認できること、音声を聞いたり飼い主さんの声を届けることができること、などです。

ペット専用のカメラが数万円で手に入りますので、チェックしてみてくださいね。

 

 

http://furbo.memories-corner.com/